歯科衛生士の便利帖

歯科衛生士についてのちょっとしたアレコレをまとめています。

歯科衛生士として長く働ける職場の特徴とは?

晴れて歯科衛生士になっても、次なる関門が長く働ける職場に就職できるかどうか。 いくら歯科衛生士は有効求人倍率が高く、就職に困ることはないと言われていても、人気は集中するもの。 人気な職場はあっという間に埋まってしまいます。 焦るあまり、吟味せ…

歯科衛生士と看護士のダブルライセンスのメリットは?就職先は?

歯科衛生士と看護士のダブルライセンスが注目されています。 歯科衛生士業務は、国家試験に合格した人しか携われない専門職。 清潔な病院でバリバリと働く姿は、いかにも「デキる女性」のイメージが強く、憧れを抱く人も多いでしょう。 専門スキルを持ち、有…

歯科衛生士に向いてない?辞める前に考えること

難しい国家試験を合格して、晴れて歯科衛生士として就職しても「向いてないかも」と自信がなくなる場面はあります。 1度や2度の失敗ならともかく、何度も続けて注意されれば、誰だって凹むもの。 仕事のやり方は人それぞれで、職場に馴染むスピードも個人差…

歯科衛生士と看護士、シンママが目指すなら?

歯科衛生士と看護士は、子供を抱えて経済的な自立を目指すシンママたちにとって、注目の職業です。 パートナーと離婚をすれば、女手一つで子供を育てなければなりません。 育休産休を駆使して、順調にキャリアを積み重ねてきたならともかく、専業主婦やパー…

歯科衛生士に向いてない!辞めたい人へのアドバイス

歯科衛生士に限らず、誰でも仕事が思うようにいかず、向いてないと思って辞めたいと感じる時期があるのです。 特に、歯科衛生士は学校で歯に関する知識や技術を習得したうえ、仕事をこなすために国家資格を合格しなければなりません。 学費もかかっています…

歯科衛生士を辞める!職場への言い方は?

歯科衛生士にとって、新たな環境での仕事はわくわくしますが、同時に今までの職場へ辞める意志を伝えるという、気が重くなる手続きがあります。 もう辞めるから関係ない、と割り切れてしまえばいいのですが、なかなかそうは行きません。 退職だからと言って…

歯科衛生士の引き継ぎ!残りの有給はどうする?

歯科衛生士にとって引き継ぎは、それまでの職場を辞める際に欠かせないプロセスです。 特に、個人医院ではスタッフの人数にゆとりがないことも多く、1人でも抜けるとその穴を埋めるのが大変。 逆に言えば、それだけ職場に必要とされているということですが、…