歯科衛生士の便利帖

歯科衛生士についてのちょっとしたアレコレをまとめています。

歯科衛生士をアメリカで目指すには?やっぱり留学?

f:id:minori1004kun:20170622165535j:plain

歯科衛生士となってアメリカで働くためには、現地で資格取得しなければなりませんから、多くの場合が留学が必要となります。

アメリカでは、日本よりも歯科衛生士の社会的地位が高く人気の職業。

だからこそ、アメリカで暮らすことを目的に、歯科衛生士を選択したり、逆に歯のスペシャリストとして高い技術を身につけるため、渡米を考える人もいるでしょう。

今回は歯科衛生士として働くために、留学できるかどうか気になるポイントをまとめてみました。

続きを読む
広告を非表示にする

歯科衛生士のアメリカでの年収はいくらくらい?

f:id:minori1004kun:20170702190645j:plain

歯科衛生士としてアメリカで活躍している人は、年収がどれほどあるのでしょうか。

日本でも、歯科衛生士は専門的な技術を持ち、バリバリと仕事をこなすイメージ。

実際、歯科医院は急激に数を増やし、歯科衛生士は不足傾向にあります。

働く場所に困らない職業なので、中にはアメリカで暮らすことを考えて、歯科衛生士という仕事を考えている人もいるでしょう。

今回は、歯科衛生士のアメリカの立場を、年収と共に紹介してみました。

続きを読む
広告を非表示にする

歯科衛生士と医療事務のどっちが人気?自分に向いているのは?

f:id:minori1004kun:20170622165535j:plain

歯科衛生士と医療事務は、どっちも歯科医院にとって重要なスタッフ。

どっちの職業も女性に注目されている職業で、人によっては、働くならどちらとして働こうか悩む機会があるでしょう。

医療事務、歯科衛生士は、「病院のような専門的な機関でバリバリと働けるかっこいい職業」というイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

給与や仕事内容を紹介しますので、自分がどっちに向いているのかの参考にしてみてください。

続きを読む
広告を非表示にする

プライバシーポリシー及び免責事項

当ブログに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(GoogleアドセンスA8.netAmazonアソシエイトバリューコマースiTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

当ブログの免責事項について

当ブログにおいて掲載されている記事、及びその内容につきましては、正確に提供するよう最善をつくしておりますが、掲載内容やリンク先から損失や損害が発生したとしても責任を負うものではございません。自己責任で情報を吟味してご活用ください。

各種商品やサービスの口コミを含む意見や見解につきましては、管理人の個人的見解です。商品の効果や効能を保障するものではありませんので、商品の購入やサービスの利用につきましては、ご利用者の自己責任でよろしく御願いします。

広告を非表示にする

歯科衛生士になったのにアシストできない

f:id:minori1004kun:20170606194958j:plain

資格を取得したばかりの歯科衛生士にとって、最初に悩むことが多いのがアシストできないということ。

歯科衛生士を目指して専門学校で猛勉強。

順調に国家試験に合格して、晴れ晴れとした気持ちで仕事をスタートする人が多いでしょう。

しかし、いざ歯科衛生士として働き始めても思うようにいかない。

ドクターのアシストについても叱られる場面が多く、自信喪失し、びくびくしながら働いている、なんてことはありませんか?

スキルに磨きをかけ強みを持つ歯科衛生士になれるかどうかは、職場での態度によって変わってきます。

歯科衛生士になったものの、思うようにアシストできないという問題を克服するためにはどうしたらいいのでしょうか。

続きを読む
広告を非表示にする