歯科衛生士の便利帖

歯科衛生士についてのちょっとしたアレコレをまとめています。

歯科衛生士のアメリカでの年収はいくらくらい?

f:id:minori1004kun:20170702190645j:plain

歯科衛生士としてアメリカで活躍している人は、年収がどれほどあるのでしょうか。

日本でも、歯科衛生士は専門的な技術を持ち、バリバリと仕事をこなすイメージ。

実際、歯科医院は急激に数を増やし、歯科衛生士は不足傾向にあります。

働く場所に困らない職業なので、中にはアメリカで暮らすことを考えて、歯科衛生士という仕事を考えている人もいるでしょう。

今回は、歯科衛生士のアメリカの立場を、年収と共に紹介してみました。

アメリカと日本の歯科衛生士の年収

歯科衛生士のアメリカでの年収アメリカでも日本でも、歯科衛生士は歯のスペシャリストという点は同じですが、それ以外は大きく異なります。

まずは、分かりやすく違いが分かる、年収から見ていきましょう。

日本の歯科衛生士の年収

歯科衛生士の平均年収は、日本では340万円。

専門的な技術が必要なのに人手不足の傾向があり、どこでも働けるので、注目されています。

ただ、一家を支える大黒柱の収入としては、少し心もとないのが本音。

就職先の多くが、個人経営の歯科医院のため、将来的な昇級の金額が期待できないことも、歯科衛生士のほとんどが女性である要因の1つかもしれません。

アメリカの歯科衛生士の年収

一方、アメリカの平均的な年収は、$69053。

日本円に直すと、およそ800万円となり、なんと日本の歯科衛生士の倍以上の年収なのです。

同じ職業とは思えませんよね。

日本よりもずっと高い収入なので、アメリカでは男性も多くいますし、資格を取得したほぼ全員が歯科衛生士として働いています。

日本では資格を取得しても、出産や結婚を機会に辞めてしまうことを考えると、いかにアメリカで歯科衛生士が人気の職業かが、垣間見えるような気がします。

アメリカの歯科衛生士ができること

アメリカの歯科衛生士が日本に比べて高所得な要因の1つに、任される治療の範囲が日本よりも広いことがあります。

州にもよりますが、アメリカの歯科衛生士は、歯石除去のほかにも歯周病や虫歯の診断、麻酔、CR充填が可能です。

つまり、虫歯や歯周病の症状を確かめて、症状によっては局所麻酔を施してCRを充填という、オーソドックスな歯の治療が歯科衛生士主体で行えるということ。

ドクターのアシストが多い日本のイメージとは、大分違います。

ただ、日本の歯科衛生士よりもできることが多いことは、逆に言えばそれだけ責任が重いということ。

自然と資格取得の難易度は日本よりも高くなります。

アメリカでも、歯科衛生士になるためには試験があり、試験は日本と同様に専門学校を卒業すれば受験できます。

しかし、アメリカの試験の合格率は75%。

これだけでも、受験した人のほとんど全員が合格する日本と比べると、難易度が高いのがわかります。

厳しい試験に合格した人たちだからこそ、虫歯や歯周病の治療が任せられるのですね。

また、診察から治療までを担えるアメリカは、歯科衛生士だけで開業することも可能です。

責任が重大ながらもやりがいがあるのが、アメリカでの歯科衛生士という職業なのです。

まとめ

いかがでしたか?アメリカの歯科衛生士の年収は、日本に比べてずっと高額です。

しかし、それは患者に対して任されている業務のレベルが高いからこそ。

ドクターの指示を受けてアシストする以外に、自分で考えて患者にアプローチする必要があります。

アメリカで歯科衛生士として働くためには、日本で働くのとは違った大変さがあるでしょうが、目標のための努力は将来に役立ちます。

どこで働くか、後悔のないようによく考えて選びましょう。

以上、「 歯科衛生士のアメリカでの年収はいくらくらい? 」でした。