歯科衛生士の便利帖

歯科衛生士についてのちょっとしたアレコレをまとめています。

歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事をずる休みしたいときには

歯科衛生士は、患者の歯に直接触れる責任重大の仕事です。 国家資格であることも手伝って仕事への意識が総じて高い傾向もありますが、それでもなんの理由もなく休みたいときだってあるはず。 世間ではそれをずる休みと言うでしょう。 しかし、それは誰でも頭…

歯科衛生士は長く働ける仕事?

歯科衛生士は、年をとっても長く働ける職業という期待から選択する人が多いでしょう。 歯科衛生士とは、ドクターと同様に歯に関する特別な資格が必要な専門職。 女性は、結婚出産、育児と男性よりも仕事に集中し辛い時期があり、男性のように定年まで仕事に…

歯科衛生士と看護士、シンママが目指すなら?

歯科衛生士と看護士は、子供を抱えて経済的な自立を目指すシンママたちにとって、注目の職業です。 パートナーと離婚をすれば、女手一つで子供を育てなければなりません。 育休産休を駆使して、順調にキャリアを積み重ねてきたならともかく、専業主婦やパー…

歯科衛生士として長く働ける職場の特徴とは?

晴れて歯科衛生士になっても、次なる関門が長く働ける職場に就職できるかどうか。 いくら歯科衛生士は有効求人倍率が高く、就職に困ることはないと言われていても、人気は集中するもの。 人気な職場はあっという間に埋まってしまいます。 焦るあまり、吟味せ…

歯科衛生士と看護士のダブルライセンスのメリットは?就職先は?

歯科衛生士と看護士のダブルライセンスが注目されています。 歯科衛生士業務は、国家試験に合格した人しか携われない専門職。 清潔な病院でバリバリと働く姿は、いかにも「デキる女性」のイメージが強く、憧れを抱く人も多いでしょう。 専門スキルを持ち、有…

歯科衛生士に向いてない?辞める前に考えること

難しい国家試験を合格して、晴れて歯科衛生士として就職しても「向いてないかも」と自信がなくなる場面はあります。 1度や2度の失敗ならともかく、何度も続けて注意されれば、誰だって凹むもの。 仕事のやり方は人それぞれで、職場に馴染むスピードも個人差…

歯科衛生士に向いてない!辞めたい人へのアドバイス

歯科衛生士に限らず、誰でも仕事が思うようにいかず、向いてないと思って辞めたいと感じる時期があるのです。 特に、歯科衛生士は学校で歯に関する知識や技術を習得したうえ、仕事をこなすために国家資格を合格しなければなりません。 学費もかかっています…

歯科衛生士を辞める!職場への言い方は?

歯科衛生士にとって、新たな環境での仕事はわくわくしますが、同時に今までの職場へ辞める意志を伝えるという、気が重くなる手続きがあります。 もう辞めるから関係ない、と割り切れてしまえばいいのですが、なかなかそうは行きません。 退職だからと言って…

歯科衛生士の引き継ぎ!残りの有給はどうする?

歯科衛生士にとって引き継ぎは、それまでの職場を辞める際に欠かせないプロセスです。 特に、個人医院ではスタッフの人数にゆとりがないことも多く、1人でも抜けるとその穴を埋めるのが大変。 逆に言えば、それだけ職場に必要とされているということですが、…

歯科衛生士は不器用では務まらない?

歯科衛生士の仕事は、不器用では務まらない、なんて話はよく耳にします。 歯科衛生士に興味があるものの、指先を使う作業が苦手な人は不安に思うこともあるでしょう。 中には、不器用を自覚しているために、歯科衛生士になるのを躊躇っているかもしれません。…

歯科衛生士の栄養指導の役割と求人

歯科衛生士の仕事の1つでもある栄養指導。 歯科医院は、既に悪くなった歯を治す場所のイメージが強いですが、栄養バランスの良い食事を心がけることは、口の中の環境を整えるために欠かせません。 口の健康を守るために、栄養指導について学びたいと考える人…

歯科衛生士が主役?デンタルエステとは

歯科衛生士の新たな活躍の場として注目されているデンタルエステ。芸能人ではなくても歯が命とされている昨今では、美容のために歯を美しく整える人が増え、歯科は必ずしも歯の疾患のために訪れるところではなくなりました。デンタルエステでの歯科衛生士の…

歯科衛生士の専門学校あるある

狭いコミュニティーでな成り立っている歯科業界ですから、歯科衛生士の卵たちが通う専門学校特有のあるあるは存在します。専門学校のあるあるを聞くことで、歯科衛生士の世界を覗いてみましょう。

歯科衛生士をアメリカで目指すには?やっぱり留学?

歯科衛生士をアメリカで志すなら、どのような選択があるのでしょうか。海外での生活に慣れるためにも、留学の方がいいような気がします。

歯科衛生士になったのにアシストできない

歯科衛生士になって、これから頑張るぞ、と意気込んだものの、思うようにアシストできない。どうしたらいいのでしょうか。