歯科衛生士の便利帖

歯科衛生士についてのちょっとしたアレコレをまとめています。

歯科衛生士の仕事をずる休みしたいときには

歯科衛生士は、患者の歯に直接触れる責任重大の仕事です。 国家資格であることも手伝って仕事への意識が総じて高い傾向もありますが、それでもなんの理由もなく休みたいときだってあるはず。 世間ではそれをずる休みと言うでしょう。 しかし、それは誰でも頭…

歯科衛生士でもジェルネイルがしたい!

歯科衛生士は清潔さが命とわかっていても、つい惹かれるのがジェルネイル。 専門学校でも、長さやネイルがNGであることは、特に厳しく指導されたことでしょう。 しかし、歯科衛生士は若い女性が多くを占める職業。 華やかな世界だからこそ、つやつやでカラフ…

歯科衛生士の歯科医院以外の道とは

歯科衛生士も、歯科医院以外にもたくさんの活躍の場があるのをご存知ですか? 確かに求人情報を見ても、歯科衛生士を募集しているのは、ほとんどが歯科医院。 実際に、歯科医院は多くの割合の歯科衛生士が働いています。 しかし、それはメジャーである、とい…

歯科衛生士の給料は上がる?

歯科衛生士として活躍しているなら、「給料上がるといいな」と願った経験は1度や2度ではないはず。 歯科衛生士は有効求人倍率にも関わらず、給料が低く副業を考える人も珍しくありません。 ダイレクトにお金の話題なので、不満があっても口に出しにくく、院…

歯科衛生士は副業禁止?収入を上げるには

歯科衛生士が副業を禁止されているかと問われれば、職場によって変わると無難な回答をするしかありません。 歯科衛生士は、まさに手に職の代表例。 国家資格な上に、有効求人倍率も高く、どこへ行っても就職に困ることはないでしょう。 しかし、経済状況から…

歯科衛生士の志望動機の例文!差別化のコツは?

歯科衛生士だけに限らず、履歴書の、特に志望動機は頭を悩ませる人が多く、例文をまるごと写した軽減がある人も少なくないでしょう。 働かなければ生活できないわけですから、身も蓋もなく言えばお金が動機になります。 しかし、志望動機では間違っても「お…

歯科衛生士が長いブランクの後復帰するには?職場探しは?

歯科衛生士の仕事に就いている人は、現状殆どが女性ですから、出産や子育ての長いブランクが原因で、復帰を躊躇う場面が多々あります。 医療は常に日進月歩ですから、当時の常識が復帰後に通用するとは限りませんし、現役の頃の勘や動きを取り戻すのだって一…

歯科衛生士がバカでもなれるって噂は本当?

歯科衛生士はバカでもなれる、と数ある国家資格の中でも軽く見られがち。 少し前には、芸人が「ある地域の歯科衛生士がチャラい」なんて発言して波紋を呼びました。 職業には貴賤がないなんて言っても、インターネットでちょっと調べれば、歯科衛生士に対し…

歯科衛生士が患者に恋してしまったら?

歯科衛生士の立場で、患者に恋してしまったらどう振る舞えばいいのでしょうか。 歯科衛生士は、学生時代から職場までとにかく女性社会に身を置く仕事です。 ですから、異性と出会う機会が少なく、職場で患者に恋をするケースも少なくありません。 しかし、職…

歯科衛生士は若いうちだけしか働けない?

歯科衛生士は若いうちだけしか仕事がなく、年齢がリスクになる、という噂を耳にします。 確かに歯科医院に足を運ぶと、院長の歯科医以外若い女性スタッフばかり、というのはよくある光景。 よもや、「30後半になったら辞める」と言った暗黙の了解や、「年を…

歯科衛生士の面接に続けて落ちる、受からない状況を打破するには

歯科衛生士は人手不足とされていますが、実際に面接を受けてみると何度も続けて落ちる、受からない状況で悩む人は多いもの。 多くの歯科医院では履歴書などの書類よりも、直接本人の人柄が垣間見える、面接を重視する傾向があります。 面接が苦手で連続して…

歯科衛生士の国家試験に落ちたら?就職に不利?

歯科衛生士になりたい人にとって国家試験に落ちたら、目の前が真っ暗になるくらい辛いことでしょう。 歯科衛生士は、国が定めた教育機関で3年間訓練を受けた上、更に国家試験が待ち受けています。 歯科衛生士の国家試験に臨む学生の皆さんは、難しい授業やハ…

歯科衛生士のオープンキャンパスの服装は?持ち物は?

オープンキャンパスのパンフレットや案内ページには、服装や持ち物について記載がないことがほとんど。 将来通うことになるかもしれない学校ですから、失礼のない服装でオープンキャンパスを楽しみたいと考える人かほとんどでしょう。 ただ、マナーを気にす…

歯科衛生士の専門学校は落ちることもある?落ちたらどうする?

歯科衛生士になるために専門学校を受験を決意しても、落ちたらどうしようと言う心配が頭をよぎります。 一方で、入試が簡単なイメージがあり、落ちることもあるという噂すら耳にしない人もいるでしょう。 しかし、落ちたらどうするかということも、万が一に…

歯科衛生士は長く働ける仕事?

歯科衛生士は、年をとっても長く働ける職業という期待から選択する人が多いでしょう。 歯科衛生士とは、ドクターと同様に歯に関する特別な資格が必要な専門職。 女性は、結婚出産、育児と男性よりも仕事に集中し辛い時期があり、男性のように定年まで仕事に…

歯科衛生士に向いてない!辞めたい人へのアドバイス

歯科衛生士に限らず、誰でも仕事が思うようにいかず、向いてないと思って辞めたいと感じる時期があるのです。 特に、歯科衛生士は学校で歯に関する知識や技術を習得したうえ、仕事をこなすために国家資格を合格しなければなりません。 学費もかかっています…

歯科衛生士の給料で一人暮らし!貯金はできる?

一人前の歯科衛生士になれば、毎月お給料を貰えるようになるので、一人暮らしが現実味を帯びてきます。 家族への気遣いが必要ない一人暮らしは、新社会人の憧れ。 オシャレなワンルームで、ちょっとくらいだらしない生活をしても、怒られることはありません…

歯科衛生士と看護士、シンママが目指すなら?

歯科衛生士と看護士は、子供を抱えて経済的な自立を目指すシンママたちにとって、注目の職業です。 パートナーと離婚をすれば、女手一つで子供を育てなければなりません。 育休産休を駆使して、順調にキャリアを積み重ねてきたならともかく、専業主婦やパー…

歯科衛生士の恋愛事情とは?彼氏ができない

歯科衛生士として働いていても、恋愛事情に悩みを抱える人は多いでしょう。 今やある程度の年齢となっても、パートナーがいることが当たり前ではなくなっています。 しかし、患者さんの立場からすると、痛くて辛いイメージが付きまとう歯科医院で、親切にし…

歯科衛生士の給料は田舎と都会では違う?

歯科衛生士に限らず、給料は勤めているのが田舎か都会かによって事情が変わってきます。 医療系の資格が必要なだけあって、歯科衛生士は有効求人倍率が高く、どこでくらしていても職に困ることはあまりありません。 しかし、他の国家資格と比べると平均給料…

歯科衛生士の1年目のボーナスはいくら?

いざ歯科衛生士として職場で張り切って働き始めて1年目、楽しみなのがボーナスです。 歯科衛生士に限らず、ボーナスをもらった直後には退職者が増えるとされています。 それだけ夏や冬のボーナスを心の支えに、日々の仕事をこなす人が多いということでしょう…

歯科衛生士は腕時計ってあり?就職祝いの選び方

歯科衛生士への就職祝いに、腕時計は喜ばれるのでしょうか。 3年間の学生生活を経て、晴れてプロとして働き始める新人歯科衛生士たち。 それまでの厳しい学生生活を思うと、彼ら彼女らへ何かお祝いを送ろうと考える人もいるでしょう。 しかし、歯科衛生士は…

歯科衛生士として長く働ける職場の特徴とは?

晴れて歯科衛生士になっても、次なる関門が長く働ける職場に就職できるかどうか。 いくら歯科衛生士は有効求人倍率が高く、就職に困ることはないと言われていても、人気は集中するもの。 人気な職場はあっという間に埋まってしまいます。 焦るあまり、吟味せ…

歯科衛生士と看護士のダブルライセンスのメリットは?就職先は?

歯科衛生士と看護士のダブルライセンスが注目されています。 歯科衛生士業務は、国家試験に合格した人しか携われない専門職。 清潔な病院でバリバリと働く姿は、いかにも「デキる女性」のイメージが強く、憧れを抱く人も多いでしょう。 専門スキルを持ち、有…

歯科衛生士に向いてない?辞める前に考えること

難しい国家試験を合格して、晴れて歯科衛生士として就職しても「向いてないかも」と自信がなくなる場面はあります。 1度や2度の失敗ならともかく、何度も続けて注意されれば、誰だって凹むもの。 仕事のやり方は人それぞれで、職場に馴染むスピードも個人差…

歯科衛生士と看護士、シンママが目指すなら?

歯科衛生士と看護士は、子供を抱えて経済的な自立を目指すシンママたちにとって、注目の職業です。 パートナーと離婚をすれば、女手一つで子供を育てなければなりません。 育休産休を駆使して、順調にキャリアを積み重ねてきたならともかく、専業主婦やパー…

歯科衛生士に向いてない!辞めたい人へのアドバイス

歯科衛生士に限らず、誰でも仕事が思うようにいかず、向いてないと思って辞めたいと感じる時期があるのです。 特に、歯科衛生士は学校で歯に関する知識や技術を習得したうえ、仕事をこなすために国家資格を合格しなければなりません。 学費もかかっています…

歯科衛生士を辞める!職場への言い方は?

歯科衛生士にとって、新たな環境での仕事はわくわくしますが、同時に今までの職場へ辞める意志を伝えるという、気が重くなる手続きがあります。 もう辞めるから関係ない、と割り切れてしまえばいいのですが、なかなかそうは行きません。 退職だからと言って…

歯科衛生士の引き継ぎ!残りの有給はどうする?

歯科衛生士にとって引き継ぎは、それまでの職場を辞める際に欠かせないプロセスです。 特に、個人医院ではスタッフの人数にゆとりがないことも多く、1人でも抜けるとその穴を埋めるのが大変。 逆に言えば、それだけ職場に必要とされているということですが、…

歯科衛生士は不器用では務まらない?

歯科衛生士の仕事は、不器用では務まらない、なんて話はよく耳にします。 歯科衛生士に興味があるものの、指先を使う作業が苦手な人は不安に思うこともあるでしょう。 中には、不器用を自覚しているために、歯科衛生士になるのを躊躇っているかもしれません。…